ホーム > 機能と設定 > システム設定 > 一般設定 (エージェント画面)

一般設定 (エージェント画面)

LiveAgentの利用画面で表示する企業・製品ロゴの設定、スパム検出やスマートチケットの削除設定など、システム設定を行います。


「エージェント画面」の設定項目

項目

内容

デフォルトのロゴ

この画像はエージェント画面やチケット履歴のウィンドウなどで利用されます。

タイトル

エージェント画面のページタイトルです。その他にチケット履歴画面などで利用されます。

フッターテキスト

カスタマーポータル上のフッターテキストです。この項目は「ブランディングフリーの購入」によりカスタマイズが可能となります。

自動一時停止

すべてのエージェントの自動一時停止機能を制御します。
詳細は「エージェントの『自動一時停止』機能について」を参照ください。

スパム検出

スパム検出フィルタは、エージェントによるチケットの回答で行われるか、スパムとしてマークされることなどによって検出精度を上げていきます。

利用当初は、顧客からの重要なメッセージの見逃しを防ぐため、迷惑メールとして誤検知されていないか定期的に確認してください。

引用テキストの省略

顧客との電子メールのやりとりの際に、引用テキストを省略することができます。

削除した会話を完全に消去

指定された時間の経過後、「削除済みチケット」をデータベースから自動削除します。機能を有効化した場合、データベースから削除されるまでの日数を設定できます。(ソフトウェア版利用の場合、ディスク領域の確保に役に立ちます)

古いシステムのログを削除します

システムログのテーブル維持のため 30日間より古いログを削除します。

「自分に割り当てられたチケット」でもポップアップを表示

この機能を有効にすると、ルールあるいは転送によって「自分に割り当てる」とされていても画面右下にチケットを処理するポップアップが表示されます。設定した場合には保存の上、画面のリロードが必要です。

許可されたファイル形式

顧客がアップロードできるファイル形式を設定します。設定時の記入は拡張子をコンマで区切る形で、例えば、「jpg, pdf, txt」のような表記となります。空欄にすると全てのファイル形式のアップロードを許可します。